パエンナスリムは副作用が心配!【素材が危険!?】

パエンナスリム 素材

履いて寝るだけで脚やせできると人気のパエンナスリムですが、そんなに効果があるなんて、どんな恐ろしい素材を使っているんだろう?

 

なんて思ったりしませんか(笑)

 

でも自分の肌に身に着けるものなので、やっぱり素材はしっかりチェックしておきたいですね。

 

ここではパエンナスリムの素材を徹底調査しました。

 

パエンナスリムに興味があるけど、どんな素材を使っているのか不安という人はぜひ参考にしてください。

 

【パエンナスリムの使用素材】

 

パエンナスリムの公式サイトを確認すると使用素材は次の通りでした。

 

ナイロン・・・90%

 

ポリエステル・・・5%

 

ポリウレタン・・・5%

 

<ナイロン素材の特徴>

 

ナイロンは衣類にも頻繁に使われていますが、原料は石油です。

 

衣類のほか、カーテンやカーペット、釣り糸などにも使われています。

 

幅広い分野で活躍する素材です。

 

ナイロンの特徴は弾力性が高いこととしわになりにくいことです。

 

衣類にナイロンを混ぜることで弾力性がアップし、衣類の強度が高まります。

 

さらにナイロンはしわになりにくいという特徴があります。

 

洗濯しても干しているうちにシワが伸びるので楽ちんですね。

 

強度が高くシワになりにくいので、洗濯に強い素材です。

 

<ポリエステル素材の特徴>

 

ポリエステルも衣類に使われる素材ですが、その特徴は耐久性が高いことです。

 

洗濯しても傷みにくく、シワにもなりにくいという特徴があります。

 

ブラウスやスカートなどの女性の衣類に多く使用されています。

 

 

<ポリウレタン素材の特徴>

 

ポリウレタンはゴムのように非常に高い伸縮性が特徴です。

 

元の状態の5倍以上に伸びるといわれています。

 

ウレタンゴムという呼び方をすることもあるように、ゴムの一種だと思ってOKです。

 

だからこそこれだけのポリウレタンは高い伸縮性があるのです。

 

ゴムのように伸縮性があるのに、ゴム以上の強度があるため、最近では衣類によく使われています。

 

パエンナスリムの高い伸縮性はポリウレタンの性質からきているんですね。

 

これらの素材を見てもわかる通り、パエンナスリムは伸縮性が高く丈夫な作りになっています。

 

普通にさまざまな衣類に使われているメジャーな素材なので、何か副作用があったりということは考えられません。

 

安心して使用することができますね。

 

さらにパエンナスリムにはチタン・ゲルマニウム・銀が使われています。

 

チタンは血流をアップする効果があり、ゲルマニウムはマイナスイオンを発生させます。

 

銀は殺菌作用があるので、細菌の増殖を抑えてくれます。

 

蒸れたときに発生する悪臭を抑える効果が期待できますね。

 

そんなパエンナスリムは公式サイトで購入するのが最もお得です。

 

1着のみの単品購入は3,980円ですが、送料が800円かかります。

 

パエンナスリムは毎日寝るときに履くことで効果を発揮するので、1着のみでは洗濯すると履けなくなってしまう可能性があります。

 

洗濯のことを考えれば最低でも3着セットを購入したいですね。

 

でもやっぱりおすすめは1枚あたりの単価が最もお得になる6枚+1枚セットです。

 

7着あれば、週末にまとめてお洗濯というパターンでもOKですね。

 

>>パエンナスリムの詳細はこちら