パエンナスリムで他の人と差をつける方法!【効果的な履き方を解説】

パエンナスリム 効果的な使い方

 

パエンナスリムに限らず、加圧レギンス・スパッツは正しく履かないと効果はありません。

 

ここではパエンナスリムの効果的な履き方についてお伝えします。

 

1着4,000円くらいする商品なので、そんなにお安い買い物ではありません。

 

同じ使うなら効果的な履き方をして美脚を手に入れたいですね。

 

パエンナスリムの効果的な履き方

 

パエンナスリムのような加圧レギンスはとにかく履けばいいと思っている人もいるようですが、それは大きな間違いです。

 

効果的な履き方をするのと、適当に履くのでは効果が全く変わってきます。

 

ここではパエンナスリムの効果的な履き方をチェックしていきましょう。

 

サイズがぴったり合っているか?

 

加圧レギンスの効果的な履き方のポイントで最も大切なのは「適切なサイズ」であるということです。

 

ただ、パエンナスリムはサイズ展開がなく、1サイズなのでサイズ選びに困ることはないですね。

 

加圧レベルは適正か?

 

パエンナスリムを履いた時の加圧感はどうでしょうか?

 

加圧が強すぎると血行障害を起こす可能性があるので注意が必要です。

 

血圧が高めの女性なら少しきついかなというくらいでも大丈夫ですが、アラフォー以降で血圧が低めの方は着圧が強すぎると血液の流れが悪くなってしまいます。

 

そしてパエンナスリムは夜寝るときに履いてねるタイプのレギンスなので、少し着圧感が弱いかなと感じる程度でOKです。

 

就寝中は基本的に足を動かさないので、血液は心臓からの圧力のみで流れます。したがって血圧は低めになっています。

 

そのようなタイミングで強い圧力を外から受けると下半身のリンパ液や血液の流れが悪くなってしまいます。

 

12時間以上連続で履かない

 

パエンナスリムは基本的に就寝中に履くタイプのレギンスですが、効果を早く出したいという人は日中も履いている人がいます。

 

確かに日中にも使用するのはパエンナスリムの効果的な履き方ではあるのですが、12時間以上連続で履くことはおすすめできません。

 

12時間以内であれば、セルライトの除去や老廃物の排出に効果を期待できますが、12時間以上連続で履いていると、栄養や酸素が十分に行き渡らない部分が出てきて、逆効果になってしまいます。

 

長時間の着用は避けたほうがいいでしょう。

 

パエンナスリムの効果をより高めるには

 

パエンナスリムは就寝中に履くタイプのレギンスなので、だいたい6時間程度履くことになると思います。

 

しかしパエンナスリムの効果をより高めるには日中にも履いておくのが理想。

 

とはいえ、さきほど書いたように12時間以上にならないようにですが。

 

日中に4〜5時間履くとして、そのときに軽いウォーキングなどの運動を取り入れるのもパエンナスリムの効果的な履き方です。

 

パエンナスリムを履いているときは血流が良くなって代謝が上がっている状態なので、脂肪が燃焼されやすくなっています。

 

そのタイミングが軽い運動を取り入れると、脂肪炎症効率がグッと上がりますね。

 

パエンナスリムの効果をより高めたいなら、就寝中だけでなく、日中も履くことをおすすめします。

 

>>パエンナスリムの詳細はこちら